穹 -Jucunda memoria est praeteritorum malorum-

元夫が残して(いきやが)った借金の時効をむかえることができて・・・またゼロから生きてく ルレクチェのブログ

Profile

  • Author:ルレクチェ(戦士ルレ
  • 雪国に住むシングルママン
    赤Wineに焼き鳥があれば幸せですっ
    まぁ・・・オヤジ化進行中な♀
    (実は・・・焼き鳥の日生まれでしたw



    プロフィールの詳細はブロろ~ぐ
    メッセージもブロろ~ぐから



    【穹】について

Entries

Categories

Comments

TrackBacks

Archives

 





  楽天ブックスならポイント貯まるよ!
  ルレクチェ家は教科書も漫画も小説もここ!
  ↑ がつうさんの本は今は買えません
  (≧ω≦。)

 


  • 大学受験を控える中高生に・・・
    教科勉強以外にも大切なことを伝えたい


    ロリポップ!なら初心者も安心
    面白くて可愛いドメインがたくさん♪

Information

  • いらっしゃいませ! ご訪問ありがとぅございます!
    初めての方も そぅじゃない方も・・・どぅぞコメントお書きくださいませ (*^。^*)


    ● 私もメンバーの1人です りすさんチームの共同ブログ【シアワセさがし】ぜひLinksよりお越しくださいね

    ● ずぅっと携帯画像で頑張ってきましたが 爺様の車買い替えで景品としてデジカメが手に入りまして・・・
      デジカメデヴューしました・・・(2010年7月 デジカメ=OLYMPUS FE4020
      携帯も機種変いたしました・・・(2011年3月 携帯=SOFTBANK910SH→SOFTBANK944SH
      記事中の画像はあえて小さく載せてます クリックで・・・大きな画像で観る事も出来ます
      
      
      
      

    ● キリ番 ・・・指定しません 何かこぉ・・・素敵な番号踏んだ方 ご報告よろ~♪
      (確認できる画像とコメントをお願いします・・・BBSでも可

    ● 穹のささやきルーム(BBS)が非常にわかりにくことになってます
      みつけた方・・・ご遠慮なく何でも書いていってくださいねーっ 画像もペタンコできます

    ● 【穹】には追っかけ黒ニャンコちゃんが住んでいます! 可愛らしいので遊んであげてくださーい

         

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-) | Top

時効その5

2010/06/26(土) 23:27:02
何も起こりはしなかったけど いつも怯えていた
朝 出勤しようと玄関を出ると 見知らぬ車が止まってる・・・
携帯に 知らない番号から電話がかかってくる・・・
そんな なんでもないことにも 敏感になってた

毎日 家に帰る車の中で 『何事も起きてなければ良い』 と 祈っていた

バカみたいに 怯えてはいたけれど・・・時は確実に ユックリと過ぎていった
何事も起きないという平和な日々の中で 私は少しずつリラックスしていった
それは・・・私の リハビリ期間のよぅでもあった
郵便物 書類 電話 大人の男の人・・・結婚生活で苦手になっていたものにも ちょっとずつ慣れた
結婚生活での ダメージが徐々にほぐれていった

ある日 オンボロマイカーが車検を通らない事を知り リースで買い換えた・・・何事も起きなかった
新しい車でCDを聴いた
昔 好きだった音楽が 心に戻ってきた

買いはしなかったけど・・・欲しいものが増えていった
オフの日に 出かけることも増えてきた

心が 健康になってきたと感じていた

前を見始めていた
理想の私が 今の私を見て 微笑んでいた
心が いつのまにか 羽ばたいていた

そしてついに・・・その日が来た・・・時効 を迎える事が出来たのだ
何に対しても 私は常にハンディを感じていた・・・そのマイナスから解放された瞬間だった
           
私はすぐに・・・この日が来たら 実行しようと思っていたことを 実行した 
カードを作った
  そして6月 誕生日を迎えた長男に プレゼントとして 《家族カード》 を贈った
ちょっとだけ貯蓄性のある 終身保険に 乗り換えた
  生きたいと思えたから 未来を保障した・・・息子たちの医療保険にも加入した
タンス貯金してた ちょっぴりの現金を 銀行口座に入れた
  通帳を見る喜びが 戻った

こんな ちっぽけな事が 嬉しかった・・・
     
平和な時間.jpg     このブログを始めた時 『 時効まで続けよう! 』 と思った
     だから 本当なら 『 これにてオシマイ 』 と なるのだ
     でも・・・やめない
     (2009年10月17日夕方撮影 富山県富岩運河環水公園)


だって ここは・・・私の 大事な居場所になったから・・・
そして この日を迎えた私は・・・もっともっと シッカリと 生きていこうと思ったから・・・

ここに書けないことが まだたくさんある
たくさんの人に支えられて 今日がある
それなのに 一言で済ませて ごめんなさい・・・でも これしか言えない

ありがとうございました
スポンサーサイト
テーマ:伝えたいこと / ジャンル:日記

時効 その4

2010/06/25(金) 23:29:24
ある日 男が1人 やってきた
『 この家を買ったものだが 来月で 出て行って欲しい 』
男は・・・競売でこの家を落とした 地元の不動産屋だった
わかってはいたけど 覚悟できてなかった

家賃を払うから せめて息子たちが卒業までのあと半年 待ってくれないかと交渉した
息子たちは 中3と高3だった
待ってくれるわけも無く・・・正式な書類にも勝手に印鑑を押す・・・という男だった

このことで 競売が成立したことはわかったけど どのように債務が残ったのか・・・ちっともわからない
整理回収機構へ連絡してみたけれど 『書類作成中』 としか言わない

とにかく 家を出た・・・海の日だった
なんとか 貸家をみつけて・・・ご近所へ挨拶して引っ越した・・・夜逃げみたいなのは嫌だった

肝心の整理回収機構から 連絡も無いまま 年が開け・・・
ある日 聞いたことも無い会社から 《債権譲受通知》 というものが届いた 
これは 後から知ったのだけど・・・バルク売りというものをされたらしい・・・一山いくらで売られてた

私は 友人を介して 弁護士Cと会う
『 時効を待つ 』 という アドバイスを頂いた

自己破産じゃなく 時効?!

 連帯保証人という責任はあるが 個人的な借金は 私たちには何も無く・・・ 
 家も実家も無くし 資産と言えるものは ほとんど残っていない
 元夫が勝手に作った 私の知らない 私名義の借金があるかもしれない
 自己破産手続きには かなりの費用がかかるし リスクもある
 自己破産手続きは いつでも始められるから

時効を待つにしても 自己破産するにしても やはり弁護士が必要だった
弁護士Dと会う
『 まず 時効を待ちましょう 』 そう言ってくれた
その日から 爺と私には 代理人が出来た

代理人となってくれた 弁護士Dが まず したこと
《債権譲受通知》 というものを送りつけてきた会社へ 代理人として書類を出した
そして・・・
『 取立て可能な債務だけを残して 他を何処かに売るというのが1番怖い 』 と 説明してくれた
新たなバルク売り成立となるわけで 何度も繰り返されると面倒だ

幸いな事に 不思議な事に 静かなまま 日々が過ぎていった・・・
終わった・・・?
そう思いながらも いつも不安だった
万が一 何かあって 自己破産の手続きを始めることになった時の事が 常に頭にあった

 現金は なるべく口座におかない
   口座に対しての 差し押さえがあるかも しれないから
 保険は 割戻金があったり 貯蓄性の高いものは駄目
   それも 資産とみられるから
 学費目的であっても 借りてはいけない
   申し込みの際に 今ある債務を申告しなければいけないけれど はっきりとわからないから
 車を買い換えない
   新車から5年以内の車は 資産となるから
 死んではいけない
   時効の前に 爺も私も死んでしまったら 債務は 息子たちの債務となってしまうから

雲洞庵.jpg   通帳の記帳がいっぱいになって 新しくなっても・・・古いものを捨てられず
   今までの 督促状や 色々な書類は全て とっておかなくてはいけない
   家計の隅々まで ハッキリとクリアに しておかなければいけない
   勿論 贅沢なんか出来ない我家 ではあったけど 
   それを 常に証明できる生活じゃないと いけなかった


私には・・・何をしていても この事が まるで 名札 のようにくっついていた     
     (2009年9月26日 夕方撮影・・・雲洞庵)
テーマ:伝えたいこと / ジャンル:日記

時効 その3

2010/06/23(水) 23:13:02
この天災で 住んでた家の被害は 小さかった
確かに・・・ライフラインも寸断され 不自由でもあったし どこへ行っても酷い状態だったけど
我家は マシなほうだった

ただ・・・貸家は探しにくくなった
震災にあって 仮設住宅に入れる人を・・・恨んだ
家は無事でも・・・住むところも 無くしてしまいそうな大ピンチに 私は焦ってた
地震も大きな災いであることに間違いは無いけど 私は地震どころではなかったのだ

『住まいも確保できない私は 最低のママンだ・・・私たち5人は 浮浪者にでも なるのだろうか・・・』

大地の・・・.jpg     市役所は 被災者で溢れていた
     公営住宅も 申し込んでおこうと思ったけれど やめた
     余震の続く中・・・仕事も続けながら 憂鬱な日々を過ごしていた
     そして・・・競売予定日がきたけれど 連絡は無かった
     何日かして 裁判所に電話してみた・・・競売はストップしてた
     しばらくは 住むとこは 元夫名義のこの家で良いようだ・・・良かった・・・
     (2009年9月2日夕方撮影・・・大地の芸術祭・・・ 【いっこんまさん】 と すれ違った記念日)



結婚して 新居を構える
何も疑わず 連帯保証人になった・・・夫婦だから
これって・・・私が甘かったの?
夫婦って・・・なんなんだ・・・?

『 俺は 仕事だけに集中していたい 』
『 一緒に住む意味は 無い 』
『 週に1度 帰ってくれば十分だろう? 』

『 離婚したいなんて お前は酷い母親だ 子供もいるのに離婚したいなんて 何考えてるんだ?お前は! 』

これが・・・私たち夫婦だった


元夫の債権者の1人でもあった爺宛に ある弁護士から 郵便で書類が届いた
元夫の弁護士だった
何通か届いた 
年が明け 春に・・・元夫が自己破産したことを知った・・・
テーマ:伝えたいこと / ジャンル:日記

ゴール!

2010/06/18(金) 22:57:51
私のゴール.jpg     《時効》 の 記事の 途中ですが・・・
     《FIFAワールドカップ 南アフリカ大会》 開催中なので・・・ちょっと中断
      とにかく 応援いたしませう!
     
     《時効》 の記事の最後まで コメント欄閉じてますが この記事だけ 開けときます
     (2009年10月17日夕方撮影・・・従姉妹と富山で・・・思わずくぐった・・・w)


テーマ:頑張れ!日本!! / ジャンル:日記

時効 その2

2010/06/15(火) 22:59:56
その弁護士・・・Aは・・・高齢で・・・ベテランなのだろうが 仕事は意欲的ではなく 熱意もなく
『ん~・・・自己破産しか ないから 一刻も早く 手続きしなさいね』
と 笑顔で私に言って すぐに話しを終わらせた
なんか・・・納得できないけれど とりあえずは ゲートは抜けた
すぐに 市役所に電話して
『法律相談の弁護士との話し合いは済んだので どなたか紹介してください』 と言った
紹介された弁護士・・・Bは・・・若手
運の良いことに すぐに会うことが出来たけど・・・弁護士という印象が 更に悪くなっていく・・・
無表情で 無言で 私の話しを聞いた後で 
『今やるべきことはないので 何か起きたら また来ても良いですよ』 
・・・だった
『自己破産した方が良いのでしょうか そぅしなくちゃいけない時は 先生にお願いしても良いでしょうか』
『どうぞ』
・・・これだけ・・・必死に喋ったけど これだけ・・・

自己破産も申請しなくちゃな そんな時・・・裁判所から 怖そうな男たちがやってきた
『ご主人が所在不明になりましたので この家は競売にかかります』
どんなやり取りだったのか 忘れてしまったけど とにかく この元夫名義の家は競売になるらしぃ・・・
『部屋の写真とか撮らせていただいたり 査定もしたいので 改めて来ますが いつがよろしいですか』
『子供たちが 学校に行ってる間にお願いします』
それだけを やっとの思いで言ったことだけは 今でもちゃんと思い出せる

その査定の日に 競売の流れを説明してもらい・・・
この日 たまたま病院の予約日で 嬉しそうに出かけていった婆を 爺は羨ましそうに見送り
その日・・・爺は 家にもいたくないと言っていたけど 悪いと思ったのか とりあえずは いてくれて
でも ただ いただけで 男たちと私を無視して 座って窓の外を見ていた

『この事に関する全ては 私1人がやっていかなくちゃ いけないことなんだ・・・』 この日 そぅ悟った

アルパカ.jpg     自己破産の事も 住まいの事も 新しく勤め始めた仕事も 何もかも・・・
     頑張ろうと自分を奮い立たせてた そんなある日・・・来た
     中越地震
     私は・・・壊れそうだった
     (2009年12月11日 午後撮影・・・山古志アルパカ)



テーマ:伝えたいこと / ジャンル:日記

時効 その1

2010/06/13(日) 07:58:33
2004年7月13日 午後 土砂降りの中 私は車を走らせてた
町じゅう パトカーが走り回り 警官が立ちはだかって 道を塞いでる
『どうやって 辿り着こう・・・』
私は 弁護士に会うために 急いでいた
約束の時間は 迫っていた
その日は 1日中 雨・・・道が川のようだった

私は・・・6月に元夫が消えて 途方にくれていた
失踪後すぐに 前から持ってた書類を 1人で提出し・・・離婚だけは成立してた
『もぅ 自己破産しか ない・・・?!』

元夫失踪前から・・・生活費も無く 督促状と 催促の電話の日々が ずぅっと続いていた
名前ばかりとはいえ 元夫が経営してた会社の 役員でもあった私
こんなことになってからは 借金の取立ての他に 元夫が滞納してた全てのもの・・・
従業員の給料 会社の家賃 電気代 税金 携帯代・・・et cetera・・・
それまで以上に なんでもかんでも 私のところへ請求が来た
事情を聞くために 電話をかけてきた労働基準監督署に同情されるほど・・・酷い状況だ

住んでた家 その家のローンも 取引してた金融機関が破綻し 整理回収機構が管理してた
私は 連帯保証人
そして 爺も 連帯保証人

爺婆の住んでた家・・・つまり私の実家は 元夫が 爺に泣きつき 売ってしまっていた
だから ちょっと前から ローンの残ったその家に 爺婆も一緒に住んでた
そして 実家を売って手に入ったお金のほとんどは 元夫が使ってしまっていた 

さて・・・私は 途方に暮れてた・・・
ほんの数年前だけど あの頃は・・・今みたいに 誰もが 弁護士に相談できるという環境はなく
『どなたかの紹介がなければ 先生とお会いになれません』
と・・・弁護士事務所に 言われた 
『まず弁護士法律相談を受けて 必要と判断されれば 弁護士を紹介します』
と・・・市役所で言われ 予約を取った・・・
時間は30分のみ 無料 火曜の13時~17時 利用は年1回だけ

寂しげな色.jpg     弁護士と話せば 何とかなる!
     そう信じて すがって 約束の場所へ 急いでいた
     その日は・・・後から 《7.13水害》 と呼ばれた日だった
     (2009年9月21日 夕方撮影・・・日本海)

テーマ:伝えたいこと / ジャンル:日記

Search

 

Calendar

  • 05← 2010.06 →07
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

Twitter



Links

FavoriteTools


  • 会員番号166346

Come here again?

Copyright © 2010 穹 -Jucunda memoria est praeteritorum malorum- All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。